合宿免許の合格率

一定期間合宿を行うことで、短期集中的に免許の取得を目指すのが合宿免許という方法です。
社会人や大学生のように、本業があって時間が取れないという場合に長期休暇などを使用して一気に免許を習得する場合などに利用されているケースが多いでしょう。
そんな合宿免許を利用する場合に気になるのが、合格率です。
合宿までして免許の取得を目指しているにもかかわらず、合格率が低いのではやはり気が引けてしまうことでしょう。
実際の合格率はどうなっているのでしょうか。


多くの教習所のデータ等を見てみると、多くの場合通常の免許試験に比べて合宿免許の方が合格率が高く計上されている傾向があります。
ある場所では90%ほどの合格率となっており、かなり合格率が高いことが見受けられます。
ただ、これは裏を返せば10%程度は不合格となってしまう可能性がある、ということです。


合宿免許で不合格になってしまう理由の一つとして見られるのが、仮免の試験の時点で落ちてしまうというものです。
免許を本取得するためには仮免許を取得して実地教習を行う必要があるのですが、仮免許に落ちてしまうとこの実地教習が行えなくなってしまい、免許を交付することが出来なくなります。
卒業試験で落ちる、というよりはこちらの不合格が多く見られると言えます。


勿論、最終的な試験に不合格になってしまうケースがないわけではありません。
この両者を見据えて勉強をしていくことが重要になります。

Copyright © 2014 合宿免許は受かりやすい? All Rights Reserved.